電話機 子機のバッテリー

嫁様が、あることでどうしてもFAXの送信受信が
たくさんやらなくてはいけないということで
買ったのは10年くらい前だったような
正確には覚えていない

そのときは、インクリボンは何度か買い換えた
サーマルプリントのインクなので
使った分だけ捨てていくタイプだ
感熱紙ではないので、長期保存可能なのは
良かったが消費ははげしかった

それで通常の通話は子機をコードレスで
使っていた
最近は固定電話での通話は少なくなったとはいえ
子機のバッテリーはよくもったものだ
先日使おうとしたら、子機がまったく動作しない
ピーピーと警告音のようなものが鳴って
「充電しています」のメッセージが表示されていた
そのときは、子機が充電器から浮いていて
充電されてないと思ったが
そのまま何時間か様子を見たが
さっぱり充電されない
なので、バッテリーが寿命だと思った

ネットで、バッテリーを見たら今でも買える

しかし、念のためと思ったら
やはり、あのROWAで、互換品があった

なので、迷わずROWAにした
安かった
190907A.JPG
写真は、ひとつめがオリジナルのバッテリー
190907B.JPG
写真の二つ目が、オリジナルバッテリーと
ROWAの互換品だ

ちゃんと充電されて、動作した
よかった


それで 思い出した

米沢市のゴミ収集では、
乾電池は持って行ってくれるが
充電電池とコインバッテリーは、収集してくれない
それで、リサイクルしてくれる店舗ということになるのだが
これがくせものだ

「充電電池 リサイクル」で検索すると
「一般社団法人JBRC」というのが見つかる
そこで、リサイクルでひきとってくれる店舗などが
わかるので、米沢市で引き取ってくれる店舗を
検索すると15の店舗が出てくる
それで、以前に見に行きやすい大型店舗のみだが
様子を見に行ったところ、客の目に付くところに
リサイクルボックスを置いていたのは、たったの一軒だった
あとは、ほんとうにリサイクルしてくれるのやら
店員さんに言わないとだめなのか
はたまた、交換に買わないとだめなのか
聞いていないのでわからないが
どうも不思議だ

では、古いバッテリーは、その回収箱が見えるところに
置いてある販売店に持っていくことにしましょう


安い通販で、互換品を買って
別な販売店に古いのを持っていくのは
ひきょうなのか?
どうなのか?



この記事へのコメント